全国日蓮宗青年会結成50周年大会 「自覚」

  • 2012.05.25 Friday
  • 00:48
 全国日蓮宗青年会(以下、全日青)が結成されて今年で50年という節目に当たり、
今年は、東京・池上本門寺で結集大会が開催され、参加してきました


全国から300名を超える青年僧が集結し、池上本門寺周辺を「世界平和祈念唱題行脚」、
境内においては、「いきいき生きる」と題し、お坊さんフェスティバルや僧職男子によるカフェなど様々なイベントが開催され、また「みのもんた」さんによる、トークショーも開催されました。

みのもんたさんは、イベントの2日前、最愛の奥様を亡くされておられます。にもかかわらず、
約束だから・・・ということで、参加されたそうです。
その心中を察するに・・・・・・
行脚後の大法要の中で、導師(会長)の発音の元、御回向させていただきました。


僧侶はもちろん、境内には多くの参加者がいらっしゃいました。
企画・準備、様々なご苦労があったことと思います。
同様の規模は長崎では難しいかもしれませんが、今後の活動のきっかけとなりました

夜には、参加した青年僧による「これから〜  を語りあう青年僧の集い」に参加。
それぞれの想いをぶつけて話し合う中で、ある言葉が出てきました。
「無関心」と「自覚」

この2つの言葉は自分の心に響きました。響いたというか、自分が想っていたことと
自分に足りないものを同時に言われた気がしました。

僧侶として、また日本国民として、あるいは父親として
いろんな点で当てはまります。

参加してよかった。
なにより、同じ気持ちを持った仲間たちが大勢いたのが、心強かった。
この思いを常に自戒し、保ち続けながら
これからも頑張ろうと思います
コメント
主人が信徒青年部の会長をめでたく、若手に引き続きました(-.-)ノ⌒-~私は、引き続き庶務担当です。

先日全国日蓮宗青年会の報告会があり、二人の出席者の目の色が変わった事に驚きました。(*^^*)

これからも、引き続き参加する\(^o^)/と(^_^)v楽しい飲み会に、なりました
  • 妙善寺 庶務担当
  • 2012/06/12 3:50 PM
お久しぶりです、家のがコメント入れたみたいですね!
ある番組の中で、コメンテーターが言ってました、マザーテレサに質問をして、「愛の反対の言葉とは何ですか?」、普通に考えると、争いとか戦争とか思い浮かびますが、マザーテレサさんは「愛の反対の言葉とは、無関心とか無視」このように答えられたそうです!
重い言葉てすね(>_<)
頑張って下さい、時々のぞいてます!
  • 妙善寺 前信徒青年会会長
  • 2012/06/12 5:33 PM
お久しぶりです。お元気でしょうか?大雨の影響はありませんか?
会長職、長い間お疲れ様でした。地元開催などもあり、ご苦労も多々あったことと思います。でも、おかげさまで、楽しく、充実した時間を過ごすことができ、本当にありがとうございました。
「無関心」という言葉は重たいです。常にアンテナを張り、自分の意見を持つことが大事ですね。
今後ともよろしくお願いします。
  • etoku
  • 2012/06/16 2:18 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

天気予報

妙法寺農園 〜栽培状況〜

サツマイモ(生育中)
オクラ(収穫中)
ピーマン(収穫中)
落花生(生育中)
イチゴ(生育中)
キューリ(収穫中)
ナス(収穫中)

巨人ニュース

powered by プロ野球Freak

V・ファーレン長崎

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM