地域の歴史 〜供養塔参り〜

  • 2018.04.02 Monday
  • 14:17

今から約220年前の寛政4年(1792年)4月1日、

雲仙岳噴火に伴う大きな地震で、島原市・眉山が崩壊し

大量の土砂が有明海に流れ込み、津波が発生しました。

DSC_0131_1.JPG

「島原大変肥後迷惑」と言われますが、有明海対岸の熊本と合わせ、

約15000人の死者が出たといわれる災害です。

 

その後、島原藩によって島原半島に7基の供養塔が建立されましたが

毎年1月に地元若手僧侶とともに、寒行を兼ねて慰霊行脚を行っていました。

今年は、それぞれ予定が合わなかったので、命日である4月1日に

供養塔参りを行いました。

IMG_0620.JPG IMG_0628.JPG

   多比良             三会

 

DSC_0027.JPG田町

DSC_0011_2.JPG IMG_0882.JPG

   安中             須川

DSC_0016_1.JPG

南有馬

 

普賢会会員が各地の供養をまわり、最後に布津町内にある供養塔前に集合して

皆でお勤めしました。

IMG_3215.JPG

IMG_3219.JPG

この地は津波が57Mの高さまで溯上したといわれる場所です。

ちなみに、うち(妙法寺)は標高58M。近隣の標高57Mを線で表したのが下の図です。

等高図.jpg

各地の供養塔も、現在でも4月1日に、近隣の方々で慰霊祭を行ったり、

 

普段からお花のお供えをされているようです。

220年前に思いをはせ、後世のために残した供養塔。

 

存在自体を知らない方も多いので、

少しでもその想いを伝えていきたいと思います。

足跡・・・・何を残すか。

  • 2018.03.25 Sunday
  • 22:24

島原市・護国寺様の三十番神修復落慶法要が行われ、私も式衆として参加させていただきました。

IMG_3210.JPG

 

130年ぶりの修復事業だったそうですが、御尊像、厨子は見事に修復され、

番神堂に入ると、そのご威光から30体の番神様がこちらに迫ってくるかのようなオーラがあります。

IMG_3212.JPG

またお天道様、満開の桜が番神様の蘇りを祝福しているようでした。

 

IMG_3206.JPG

境内には檀信徒による出店もあり、堂内・境内はたくさんの人でごった返していました。

 

法要で寺院代表のお上人様から、「生きている間に何を残すのか?その足跡が大事である」と祝辞の中で

おっしゃられました。

護国寺御住職をはじめ、檀信徒や多くの方の力添えによって成し遂げられた今回の事業。

そこには、後世に伝えるべく、今何をすべきかを考えて行動された結果であり、

そこに賛同された皆さんの想いの結晶だと思います。

 

未来の果を知りたければ、現在の因をみよ。

どんな足跡を残すか、その歩み方を考えさせられました。

 

無双太鼓(布津)奉納演奏もあり、勇壮な太鼓の響きに、番神様も喜んでいらっしゃると思います。

5年に及ぶ事業の無事円成を皆さんでお祝いしました。

IMG_3213.JPG

彼岸法要を行いました

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 23:03

全国的に寒くなった春分の日、当山でも彼岸法要を行いました。

 

冷たい雨が降るあいにくの天気でしたが、

足元悪い中、たくさんのお参りを頂きました。

有難いことです。

IMG_3190.JPG

彼岸法要・施餓鬼法要の中で和讃奉納、法話を行いました。

IMG_3194.JPG

IMG_3196.JPG

法話では約220年前に起きた「島原大変」の話から、

島原藩内に当時建てられた供養塔の存在、今でも命日である4月1日に

地域で供養祭が行われていること、

若手僧侶で行脚しながら供養を行っていたことなどを紹介し、

伝えることの大切さと、今日まで先師が伝えてきた仏教、法華経、お題目と

縁を結んだ尊さをお話ししました。

 

年配の方でも、供養塔の存在を知らない方が多く、

紹介したことで、再認識していただければと思います。

 

彼岸は日願とも言っていたそうです。

IMG_3200.JPG

お日様=太陽に作物の成長と実りを願う春季彼岸でもあります。

作物の出来も天候次第。

雨ももちろん大事ですが、改めてお天道様の偉大さを感じた彼岸法要でした。

 

 

三十番神 開眼法要

  • 2018.02.16 Friday
  • 17:28

島原市・護国寺様の三十番神尊像が

無事修復をおえ、旧正月の今日から1か月間、

毎日1体ずつ開眼法要が行われます。

1355.jpg

 

初日の今日は、県内寺院の団参も含め

100名を超す参詣者で堂内は一杯でした。

1356.jpg

昨日収穫した「桜島大根」は、こちらに奉納させていただきました。

 

本当は1月の三十番神大祭に間に合うように植えたのですが、

天候不順もあり、ちょうど半年経って、開眼法要の初日に

お供えできたのは、かえって良かったかもしれません。

 

また、2月16日は日蓮聖人の御降誕日

旧正月といい、新たな歴史の1ページに

お参りできたことは、本当にありがたいことです。

 

開眼法要は1か月間、毎日10時〜 護国寺様で行われます。

 

三十番神大祭

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 23:51

島原市・護国寺様で開催された三十番神大祭に出座しました。


県内外より僧侶18名が出座してお勤め・祈願を行い、
多くの人たちが参詣し、身体健全や家内安全、交通安全などを祈願しました。
 
毎年私も法要出座させていただいています。
朝9時に始まり、夜7時からが最後の座で約1時間おきの計9座。
10数名の僧侶による読経・ご祈祷は迫力ありますよ。

こちらの番神様、一体ずつ厨子に納められており、5年前より行われていた修復事業が終わり、

堂内の修理と合わせ、全て蘇った御尊像の前でのご祈祷でした。

そういうこともあり、例年以上に参詣者が多く

お堂は常に参詣者で一杯でした。

夜のお勤めには、家族・親子連れの方が多く、

信仰の継続の大切さを感じました。


残念ながら、御尊像は写真で掲載することはできませんので、

是非一度ご参詣いただき、ご威光に触れていただきたいと思います。

鬼子母神大祭 無事終了

  • 2018.01.08 Monday
  • 22:18

朝からあいにくの雨となりましたが

今年も鬼子母神大祭を行いました。

 

今年はケータリングカーをはじめ、近隣のお店など

出店していただき、境内も賑やかでしたよ。

IMG_3022.JPG

 

祈祷会も10時〜午後3時で行いました。

身変わり御守の更新や特別祈願など、

多くの参詣を頂き、皆さんの今年に期待する

想いを感じながら、お勤めさせていただきました。

IMG_3025.JPG

IMG_3032.JPG

IMG_3039.JPG

祝日ということもあり、子どもたちが多く来てくれたのも

嬉しかったですね。

 

声はガラガラですが、一つの行事が終わりホッとしています。

まだ発送作業や名簿の修正が残っていますが、

明日中には完了したいと思います。

今年も宜しくお願いします

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 20:38

新年 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

今年も、正月からご祈祷を行いました。

2日には地元中学校の卒業生が

同窓会前に初老の年祝祈願に参詣されました。

自分よりも少し下の年代ですが、

こうしてお参りに来てもらえるとうれしいですね。

 

檀家さん宅へ門札配りや親族の方の訪問など、

あっという間に3が日過ぎました。

 

8日には鬼子母神祭がありますので、

これからその準備でバタバタしそうです。

 

冬至といえば・・・

  • 2017.12.21 Thursday
  • 20:03

明日は冬至。1年で1番太陽の位置が低く、日照時間も短くなります(北半球の場合)

※テレビで言ってましたが、夏至は梅雨の時期にあたり雨の日が多いので、実際の日照時間は

 平均的に冬至が長いそうです(*_*)

 

冬至には「カボチャを食べ、ゆず風呂に入る」と言われていますが

単に風邪をひかないためのものではないようです。

 

もともと、暦上の「一陽来復」

冬至を境に日が長くなる、つまりお日様の力が

強くなることから、陰から陽へ向かう、運が向いていく日が冬至。

 

そこで、言葉の最後に「ん」のつく食べ物を食べ、

運気を上げるという意味もあります。

かぼちゃは別名、南瓜(なんきん)。あとはダイコン、ニンジン、れんこん

うどん、きんかん。

旬のものが多く、ビタミンやカロチンを多く含むものなので、風邪予防に最適だと

いう先人の知恵でもあります。

 

また、柚子にはあの強い香りが魔を払う、禊の意味もあるようです。

もちろん、血行促進や体を温める効果もあるからのようですが。

 

科学が発達し、成分分析や効果・効能がはっきりとわかる現代ですが、

古き良き「しきたり」、先人の知恵を大事にしたいものです。

日々研鑚

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 14:28

長崎県布教師会主催の布教実践講座に参加しました。

昨年から始まった研修ですが、

1泊2日の日程で、話の組み立て方、内容を諸先輩から学び

日蓮宗伝統の高座説教をを稽古する研修です。

今回は立川雲水師匠に特別にお話しいただき、

話術をはじめ、特に印象に残ったのが

「型破り」と「形無し」の話でした。

IMG_2944.JPG

今回は島原市・光伝寺様で開催されました。

県内から約15名の青年僧やお上人が参加し、

みな真剣に研鑚を積みました。

伝統の高座説教を学び、一つの型、基本を学んだうえで

もっと発展させることと、最初から我流では意味が違います。

 

普段は法務におわれ、じっくり研修する時間が

少なくなってきており、またお上人を前にして話をするという

機会もなく、自信の癖や注意すべきところがよくわかりました。

IMG_2945.JPG

檀信徒をはじめ、多くの方と接して話をする時間は一期一会。

仏教、法華経の教えをより多くの方に伝わるように

今後も研鑚したいと思います。

お会式法要を行いました

  • 2017.11.12 Sunday
  • 19:54

今年で736回目のお会式法要を行いました。

午前中、役員さんやお手伝いの方とともに、

受付やお斎の準備を行い、本番に備えます。

IMG_2902.JPG

IMG_2903.JPG

先週、信行会の皆さんと作製した「お会式桜」も

参詣される方に1本ずつお配りします。

午後1時半からの法要でした。日頃練習している

和讃も奉詠しましたよ。

IMG_2913.JPG

天気も良く、日曜日ということもあり、多くの参詣を期待しましたが

この時期は他のイベントと重なることも多かったようです。

それでも、用意したお斎300食は、ほとんどなくなり

延べ人数は年々増えています。

 

法要後はお説教。

IMG_2928.JPG

今年は。島原市・法華経寺住職 野島泰信上人をお招きしました。

自分の先輩でもあり、在家から発心され僧侶となられた方で

出家の動機や法華経、日蓮聖人に対する想いを熱くお話ししていただきました。

私自身も感じるところがあり、

今後もより一層努力していかなければと考えさせられました。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

天気予報

妙法寺農園 〜栽培状況〜

トウモロコシ(種蒔中)
たまねぎ(生育中)
人 参(発芽中)
大 根(生育中)
イチゴ(収穫中)
ブロッコリー(収穫中)
にんにく(生育中)

巨人ニュース

powered by プロ野球Freak

V・ファーレン長崎

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM