今後の活躍を期待して・・・J1昇進祝賀会

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 22:34

昨季、見事J1昇格を決めたVファーレン長崎ですが、

高木監督をはじめ、吉岡選手が南島原市出身ということもあり

市内各会が発起人となって祝賀会が行われました。

1362.jpg

会場には高田社長、高木監督、吉岡選手をはじめ

関係者ら約270人が参加して、盛大な祝賀会となりました。

私もご案内を頂き、参加させていただき、

一体となって長崎をもりあげていく一人として

少しでもその力になればと感じました。

1361.jpg

社長のスピーチは熱いものがありました。

地域、子どもたち、平和。それぞれに対する自身の想いを

常に考え行動している・・と。

熱い想いがその人格や言葉となって、

周りの人を惹きつけるんだろうなと感じ、

改めて一念が周りや社会を築くんだと思います。

1360.jpg

 

J1初挑戦となりますが、

是非頑張ってもらいたいと思います。

休みでよかった・・・

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 15:24

天気予報通り、朝からうっすらと雪が積もってました。

子どもたちは大喜び。

朝早くから、「雪だるま造る」と元気に外へ。

DSC_3065.JPG

全国各地に比べたらたいしたことない雪ですが・・・

子どもにとっては、嬉しいもの。おまけに連休中だし。

 

珍しく、朝からも雪が降ってきて

DSC_3064.JPG

1時間でこれだけ積るのは、こっちにしては大ごとです。

DSC_3067.JPG

幸い止んでからすぐに溶け始めたので、

運転や仕事には支障ありませんでした。

 

子どもたちの無邪気な笑顔、久々に触った雪の感触、

たまにはいいかも。

イチゴをはじめ、畑の野菜の生育が心配です(*_*)

古希のお祝い

  • 2018.02.10 Saturday
  • 23:12

母が古希を迎えたので、親族や兄弟でお祝いしました。

DSC_3058.JPG

それぞれ忙しく、めったに兄弟そろうことがないのですが、

久々に全員集合。

 

叔父たちは昔話に花が咲き、楽しい一時になりました。

毎年何かの年祝が続きますが、

迎えられるのも元気な証拠。有難いことです。

DSC_3059.JPG

子供たちの成長同様、自分たちも

いろんな点で成長しなきゃと思います。

新しい年を迎えて

  • 2018.02.04 Sunday
  • 16:43

今日は立春。暦の上では、新しい年の始まりになります。

 

さて、昨日は各地で節分会が行われたと思いますが、

私も午後から、雲仙市・長国寺様で節分・星祭大祭に出座。

IMG_3057.JPG

水行に始まり、ご祈祷、豆まき、福引きと多くの方にお参りいただきました。

IMG_3074.JPG
お坊さんも5人だったので、気合のこもったご祈祷、祈願ができました。

 

自坊の信行会と時間が重なったので、信行会には参加できませんでしたが、

当山では夜に節分会を行いました。

IMG_3077.JPG

寒いな中、子どもも含め120名を超す方がお参りいただき、

法要、豆まき、福引きを行いましたよ。

IMG_3084.JPG

 

IMG_3081.JPG

年男・年女の方にお手伝いいただき、

豆まきはロウソクの明かりだけで行うので、

賑やかな子供の声に、鬼たちもびっくりしたと思います。

IMG_3094.JPG

 

福引きでは、それぞれに思い思いの物が当たったと思います。

福を引くのも自分次第、自ら引くことでそれを縁として

結果がついてきます。

生き方も同じ。今の自分が行っていることが

結果として現れます。

 

今年は、地元ケーブルテレビも取材に来てくれました。

来年はもっと賑やかになるように色々考えて行きたいと思います。

 

節分会のご案内

  • 2018.01.28 Sunday
  • 18:52

妙法寺では毎年2月3日に節分会を開催しています。

節分は立春の前日であり、暦の上では立春が1年の始まりです。

また、季節の変わり目は様々な変化があり、

気候、体調の変化が出やすい時期でもあります。

また、新しい年の始まり、「節目」に新たな気持ちで迎える意味もあります。

魔(鬼)はその隙(節)から入ってくるものと考えられていました。

福豆(魔目)を撒いて、鬼(魔)を追い出しましょう。

 

日 時:2月3日() 午後7時30分より

 

  ※お勤め、ご祈祷の後、豆まきをします。

   その後に福引きもあります。

 

 ※過年度の節分会の様子です↓

 

※妙法寺近隣の「わがまま亭」駐車場が臨時駐車場になっていますので

 ご利用ください。スペースに限りがありますので、できるだけ乗り合わせてお越し下さい。

 

 夜間でもあり、寒いですので暖かい格好でお越しくださいね。

大忙しの1日でした

  • 2018.01.07 Sunday
  • 23:50

今日は朝からスケジュール一杯。

午前中には子ども会「自治会学芸会」

大正時代から続く、小学校の伝統行事です。

今年は、子ども会の人数が少ないので、

他地区と合同での開催となりました。

 

冬休み前から練習した成果を地域の皆さんの前で発表します。

6年生が主となり、準備からプログラム、練習まで皆で取り組みました。

IMG_2999.JPG

本番では緊張からか、声が小さかったけど、準備や練習、人前で発表する経験は

今後の成長の糧となるに違いありません。

 

午後からは子ども会「鬼火」

IMG_3008.JPG

今日は子ども会行事のダブルヘッダーです。

心配された雨も上がり、勢いよく燃える炎、竹の弾ける音

字が上達するように、書初めを飛ばしたり、燃えてできた燠で

餅を焼いたり、冷えた体も暖まります。

IMG_3015.JPG

IMG_3021.JPG

 

夜は反省会もあり、帰ってからは明日の鬼子母神大祭の最終準備を・・・

慌ただしい一日でした。

 

鬼子母神大祭のお知らせ

  • 2018.01.06 Saturday
  • 21:38

今年も下記の日程で「鬼子母神大祭」を

厳修いたします。

 

年中祈願、身体健全、家内安全、除災得幸

交通安全など、御祈願致しますので、ご参詣ください。

 

 

日 時:平成301月8日(月) 

 

  午前10時〜午後3時まで

 

    ※30分毎に祈祷会

 

 身変わり御守をお預けの方は、平成30年度の御守に更新いたします。

前年度の御守をお持ちください。

 

新規に「身変わり御守」申し込みの方は、下記の申込書に氏名、

生年月日をご記入の上、お申し込みください。

なお、厄払い・歳祝などを祈願ご希望の方は、11時30分より特別祈祷

行いますので、ご参詣ください。※事前に申し込みください。

 

身変わり御守申込書

pdf 申込書.pdf (0.08MB)

 

※境内にはケータリングカー(たこ焼き)販売や地元パン屋さんなども出店します。

 

 

過年度の様子です(動画)

鬼火準備

  • 2018.01.05 Friday
  • 20:44

毎年正月七日に行う、子ども会主催の鬼火の準備を行いました。

少子化の影響をもろに受け、

自治会子ども会(小学生)は3世帯6人です。

 

人数が少ないので、準備も大変なので、

それ相応の準備を行いました(笑)

 

年末から、木の切り出しや鬼火会場への運搬を行い

今日は午後から組み上げを行いました。

本来は7日朝から竹を切ったりするのですが、

その日の午前中には、「学芸会」という、もう一つの子ども会行事もあるので、

今年は早めの準備。

 

消防署への届け出など、色々準備が大変です。

いままで先輩方がするのを手伝うだけでしたが、

いざ主になってやってみると、わからないことだらけ。

 

あれこれ検討しながら、やっと組み上げた時には

辺りは暗くなっていました。

7日は天候が心配ですが、

何とか無事に終えることができればと思っています。

今年もお世話になりました

  • 2017.12.31 Sunday
  • 21:26

今年も残り僅かとなりました。

 

あっという間の1年でしたが、新たな出会いや

気づかされることがたくさんありました。

この経験を基に、来年に生かしたいものです。

 

例年同様、境内に実った「ダイダイ」「仏手柑」を

お供えしました。

DSC_3010.JPG

 

DSC_3011.JPG
春になっても実が落ちず、2〜3年は実が付いたままなので、

3代にわたって実るそうで、そこから「代々」と結びついたそうです。

 

この世に生があるのは代々のおかげ。

脈々と続くいのちに感謝し、今を一生懸命生きることを

考えながら、来る平成30年を過ごしていきます。

 

皆様にも幸多き1年となりますようにお祈りいたします。

良いお年を・・・

 

門松作り

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 22:53

初めての体験ですが、子どもと一緒に

門松作りに参加しました。

DSC_3006.JPG

約30組の親子が取り組みましたが、

材料は全て揃えてあったので、

講師先生の指導の下、

1時間半で制作しました。

DSC_3007.JPG

 

門松の由来、正月に纏わる行事、

伝統・文化を肌身で感じ

次世代に伝えるのも大事な役目ですね。

DSC_3005.JPG

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

天気予報

妙法寺農園 〜栽培状況〜

白 菜(生育中)
たまねぎ(生育中)
人 参(生育中)
大 根(収穫中)
桜島大根(生育中)
ブロッコリー(生育中)
にんにく(生育中)

巨人ニュース

powered by プロ野球Freak

V・ファーレン長崎

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM